前へ
次へ

不動産の知識を身に付けることに成功した

不動産に関しては分からないことが多く専門用語も難しく感じたので今まで勉強して来なかったのですが、転職

more

フリーランスの不動産契約を考える

不動産で賃貸物件に入居する場合には様々な制約があるので、それらを前もって注意して見ておくことです。<

more

老夫婦が暮らす2LDKのマンション

子供が巣立ったあとに残るのは、広くて手入れの行き届きにくい一軒家というケースが多いです。
住み

more

賃貸物件の契約に必要なものがあります

不動産で賃貸物件を入居する時に、必要なものがいくつかあります。
契約までに必要とされるのが住民票や印鑑証明で、これは市町村の区役所や役場などに行けば簡単に手に入ります。
しかし気をつけたいのは平日しか空いていないので、契約をする際には早めに時間を取って済ませておく必要があります。
会社員であれば源泉徴収票もいりますし、自営業の場合には確定申告書が必要になります。
その他にも納税証明書などを代わりに提出することもありますので、事前に利用手続きをおこなうにもインターネットを使ってみるのもひとつの方法です。
また物件によっては、借主に代わって責任に負うことになる保証人というのがありますが、こちらも住民票や印鑑証明、収入証明の提出が必要なこともあります。
そのために保証人に頼む場合にも早い段階で準備をしておくことがオススメです。
そして家賃を金融機関から引き落とすのは、銀行の通帳が必要なのでこちらも準備しておくことです。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren3set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top